PAGE TOP

チンジャオ娘とエンガワ卓のエロ同人サキ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので!3月発売!

チンジャオ娘とエンガワ卓のエロ同人サキ
チンジャオ娘とエンガワ卓のエロ同人サキュバス呼んだら母が来た!? が2020年春に発売決定!3か月間オナニーを禁止したら呪文を口ずさむとサキュバスが出てくる。

ということを分かったタカシは頑張ってオナニーを我慢。
呼んだサキュバスは母親だった。



同人とは明治時代初期に同じ志を持った仲間同士が集まって、同人雑誌というものを作っていた。同人=エロという意味はない。なぜ同人=エロなのかというと同人の中でエロがとても人気があるからです。毎月1冊は同人誌を出して500部前後販売出来たら月20万以上稼げるレベルのようです。
小桜クマネコ。ぽっちゃり女子のイラストを描いている。



小食を装ったOLを愛している。
チンジャオとの同人ガリガリ娘のヒロインは最初ガリガリだったが、徐々に太っていき、ただの太った女の子になっていた。いじめっこ女子と無人島に漂流したら ではむっちりの女子高生だった。

行き遅れババア孕ませたの原作チンジャオ娘は作品が配信されると1万本以上は売れる大人気同人サークルである。
同人誌のイラストを担当してる人は達磨さん転んだ。
チンジャオ娘の同人誌が人気の理由として清楚系な女の子がエロい事件に巻き込まれ性交の気持ち良さに気づき、エロい女になっていくストーリー性に評判があります。

「飼育小屋少女」みたいなエロくてグロい同人を企画することもあります。
サキュバスよんだらを読むならbookliveコミックがおすすめ。その理由は先行独占配信されるからです。ブッコミでは初月の利用料が無料。
サキュバス喚んだら母が来たの登場人物を紹介。



タカシ男子高校生でいまだに童貞。
母の裸体を見たらビンビンのチンコを萎える。森田惠利、森田タカシの母。

髪がボサボサで女子力なし。

エリリン、タカシのもとに現れたサキュバス。その正体は森田タカシの母の森田惠利。



3月にチンジャオ娘×小桜クマネコの作品『手塩にかけた娘』が発売されます。手塩にかけたとは少量の食塩のこと。


不浄なものを祓うためにあったものだが、好みに合わせて料理の塩を調節するためにも使われた。派生して自分で育てることを手塩にかけると言う。
サキュバスとはsexを通じて男を誘うために女性の形で夢の中に現れる超自然的存在である。


女夢魔と翻訳される。


エンガワ卓はサキュバス喚んだら母が来たの絵をかきます。エンガワ卓の絵はおっぱいが大きいむちむちした女。



サキュバス喚んだらに出てくる母親も巨乳。チンジャオ娘とコラボした作品は姉はヤンママ授乳中in実家などがある。
関連記事